11/7(土)女性アーティスト・ソロ・ライブ×大浜和史

11/7(土) 大塚シスイドゥ 開場18:00 開演18:30 限定30名

Charge:¥3,500+Please 2 Order 投げ銭大歓迎!(サイン入りチェキプレゼント)
18:30 オープニングアクト・ペットボトルオーケストラ 歌や声の代わりに「しゃかたん」で合奏しよう!
19:00〜◎丸山ひでみ×大浜◎小夜子ソロ×大浜◎田中浩子×大浜◎tomy TOMOKOソロ×大浜
主催:A-String Inc. 協力:大塚 Shisui deux&田中 浩子 NPO法人サウンドクリエイター

小夜子、tomy TOMOKOのソロは、オリジナル音源を使用しての演奏です。「×大浜」では、大浜和史のピアノとのデュオで演奏します。

ご予約は、1107yoyaku@gmail.com へのメール(お問合せは090-9314-5290安保まで)、または出演者へのメールorメッセージでお願いします。折り返しメールにて予約確認をさせて頂きます。お支払いは当日会場受付にてお願いします。 ※当日は飲食時以外のマスク着用、入場時の検温、消毒に加え、万一に備えお名前、ご住所、お電話番号の記入をお願い致します。

 

●大浜和史  国立音大在学中「上條恒彦バンド」「つのだ☆ひろスペースバンド」(2020年1月復活)のメンバーとして活躍。在学時からスタジオワークで活躍し、若手スタジオ・ミュージシャンが集結したAORバンド「NASA」リーダーとしてCBS SONYからデビュー。同時期に日本音楽史に偉大な足跡を残す大瀧詠一氏の不朽の名作『A LONG VACATION』のレコーディングにフル参戦。さらに伝説の音楽学校であるネム音楽院の講師として、山本恭司氏、宮崎まさひろ氏をはじめとする現在の超一流プレイヤーたちを多数育てた。YAMAHAシンセサイザーの開発にも尽力。デモンストレーションと講演で世界中を廻る。また日本シンセサイザー・プログラマー協会代表として、実演家の権利の獲得や、PSE法によって売買不能となるはずだったヴィンテージ楽器やエフェクターを救済。2019年まで昭和音大の講師も務めた。20代にして『A LONG VACATION』のレコーディングに抜擢され、現在も数多のライヴシーンに立ち続けるピアニスト、大浜“練習熱心”和史(ミドルネームは大瀧詠一氏命名)の至高のプレイを生で体験してほしい。

●小夜子(Sayoko)  3才よりバイオリンを始め、お茶の水女子大卒業後音楽の道を志す。テーマパークやショー、演劇での演奏を中心に活動。様々なアーティストのサポートを行う傍ら、自身のユニットでライブを展開。オリジナル楽曲による絵本朗読ライブなど、独自の企画が好評を博している。 ​ ポップス・ジャズ・バイオリンの第一人者中西俊博氏に師事。 作曲も手掛け、2018年11月にほぼ全曲オリジナル曲のアルバム「LIFE」をリリース。演奏、作曲、アレンジのみならず、プロデューサーとしての能力も発揮。テーマパーク等で磨いたパフォーマンス、5弦バイオリン、エフェクターを活用したエレキバイオリンなど、型にはまらない異色バイオリニスト。

●tomy TOMOKO  短大在学中に活動を開始。外務省・日中友好30周年記念式典、中国でのライブ、香港カウントダウンライブ・中国ツアー出演。舞浜のテーマパークのレギュラーショーにMC・シンガーとして2年間出演。徳間ジャパンよりHIT STUDIO TOKYO feat.TOMOKOで【Wake up】配信デビュー。故ポール・モーリアの未発表曲を世界初録音した初ソロアルバム『ADELE』(ギターは徳武弘文、西山毅)発売。その他、荻野目洋子、西城秀樹・あべ静江・今陽子・小川知子・ 尾藤いさお、ペギー葉山・今陽子・未唯・相田翔子・板野友美、石丸幹二等をサポート。Disneyソング、洋楽カバー 中心の自身のユニット“D’STARS”でライブやイベントで活動中。